- 坐骨神経痛の原因とは?

坐骨神経痛の原因とは?

しびれや痛みをともなう坐骨神経痛は、中高年の腰の疾患の症状として起こるだけでなく若い人でもスポーツや疲労が溜まっていることなどで坐骨神経痛のような症状が現れることがあります。

当整体院「東砂ひかりクリニカル整体院」でも整体と鍼灸治療の対象疾患です!詳しく見ていきましょう!

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は、腰あたりから足の爪先まで走行している人体の中で一番長い末梢神経です。坐骨神経痛はこの坐骨神経が何らかの原因によって圧迫されたり刺激を受けたりすることで腰やお尻、太ももなどの下半身に痛みやしびれなどの症状の総称です。

椅子に座るとお尻に痛みやしびれを感じたり、歩くとふくらはぎやすねに張りや痛みを感じたり歩行が困難になるなどの症状が特徴的ですが、坐骨神経自体がとても長い末梢神経のため症状が現れる部位や症状の程度には個人差があります。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は腰の疾患が原因となって起こる場合と下半身のしびれや痛みがあるけどレントゲンやMRIをしても特に異常が見つからない場合に分けられます。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨を形成する腰椎の椎体同士の間にあるクッションの働きをしている椎間板がはみ出したり飛び出したりすることで神経を圧迫し、腰痛やお尻の痛み、下半身の痛みやしびれの坐骨神経痛を起こしてしまう疾患です。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、背骨や腰椎の中央にある脊髄と神経が通っている管の脊柱管が加齢や前かがみの姿勢をすることが多いことなどが原因となって圧迫されることで、神経も圧迫され歩いたり立ち上がったりすることで痛みやしびれなどの症状が現れる疾患です。

変形性腰椎症

変形性腰痛症は、加齢や同じ姿勢を長時間続けたりスポーツで腰に負担をかけたりすることで、腰椎の形が変形しトゲ状に変形した骨が神経を圧迫することで痛みやしびれの症状を起こす疾患です。

レントゲンやMRIで特に異常が見つからないもの

腰痛や下半身を中心にしびれがあり、レントゲンやMRIの検査を受けても特に異常が見られない場合は、「下肢の絞扼性神経障害」と言って末梢神経が何らかの原因で圧迫されたことで痛みやしびれの症状が起こる疾患の総称です。

この場合は前述のようにレントゲンでの異常は見当たらないため整骨院や鍼灸院での代替医療が症状の緩和に効果的です。


坐骨神経痛は腰の疾患が原因となって起こる場合とレントゲンでは異常がないにもかかわらず痛みやしびれが現れる症状です。

江東区東砂にある「東砂ひかりクリニカル整体院」では坐骨神経痛の症状でお困りの方それぞれに合った治療を行っています!ぜひ一度お気軽にご来院ください!


お気軽にご相談ください!
LINEからご予約できます!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒136-0074
東京都江東区東砂2-5-12

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております