- 腰痛の豆知識

腰痛の豆知識

腰痛について理解が深まってきたところで、腰痛の豆知識をご紹介します!腰痛になりやすい人には特徴がありますが近年では子供の腰痛が増えているのをご存知ですか?

ひとくちに腰痛と言っても腰痛になる年齢やきっかけ症状の期間程度はさまざまです。
腰痛が現れた段階で早期的にケアを開始することが大切です!

子供の腰痛が増加中!?

これまで腰痛は、中高年に起こるものと認識されることが多かったのですが近年では子供でも腰痛を起こすことが分かってきました。その原因となるのが成長期のスポーツです。

中高生の時期は体も発育の段階で骨の成長と筋肉の成長のスピードが一致しないことがあり、この時期にジャンプする・腰をひねる・踏ん張るなどの動作を繰り返し行うことで腰痛いが炎症を起こし腰椎分離症を起こしてしまいます。

またスマホやゲームの普及で運動量が減っていることで筋力が低下し腰痛が起こることも子供の腰痛の原因の一つです。

筋筋膜性疼痛(筋痛症)を知っていますか?

慢性的な肩こりや腰痛・頭痛などが改善しない場合は、「筋筋膜性疼痛(以下:筋膜症)」によって筋肉や筋膜に生じるしこりが刺激を受けることで症状が起こっているのかもしれません。

少し難しい名前ですが、腰痛が起こりレントゲンやMRIを撮ってみても特に異常はないと診察を受けた人の多くはこの筋膜症によって起こっている場合があります。痛みが起こっている場所に必ず問題があるわけではなく、痛みの原因となっている別の場所を刺激したことで他の部位で痛みが発生することもあります。

すると腰痛は本来の原因を解決しない限り症状が治まることはありません。筋肉や神経は体のいたるところで繋がっていますので他の場所での疾患が腰痛として現れるため本来の場所の治療が必要になります。

腰痛に喫煙が関係している!? 

一見タバコと腰痛は関係があるの?と思ってしまいますが実はタバコと腰痛は深い関わりがあることが分かっています。タバコに含まれる「ニコチン」は血管を収縮させる働きがあり、特に腰回りや腰椎の血管に影響が出やすいと言う研究結果があります。

血流が悪くなると筋肉は硬直してしまい腰痛が発生しやすくなってしまいますので、タバコを吸うことで腰痛のリスクが高まることは間違いありません。


腰痛の症状はまだまだ分かっていないことが多く現在も研究が進められている分野です。また生活習慣が腰痛を起こす引き金になってしまいますので早いうちのケアが大切です。

(東大島駅・北砂・南砂)東砂ひかりクリニカル整体院は整体と鍼灸治療を行っております。患者さんに一人一人に合った治療を行っていきますのでまずは一度お気軽にご来院ください!


お気軽にご相談ください!
LINEからご予約できます!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒136-0074
東京都江東区東砂2-5-12

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております