- 腰痛の原因とは?

腰痛の原因とは?

腰痛は多くの人が一度は経験したことがある身近な症状の一つです。

腰痛はぎっくり腰のように1週間程度で痛みが引くものや、単発的に痛みを感じるもの、痛みや腰の重さが3か月以上続く慢性的な腰痛があります。

では、そんな腰痛の原因は一体何なのでしょうか?

原因がはっきりしているもの

腰痛には原因がはっきりと分からないものが大多数を占めていますが、特定の病気の症状として腰痛が起こるものがあります。

特に、腰椎の椎間板が変性することによって起こる腰椎椎間板ヘルニアや、腰椎の神経が通っている管が圧迫されて狭くなってしまう腰部脊柱管狭窄症などは腰痛が代表的な症状です。

また糖尿病の神経症や尿路結石でも腰痛の症状が現れますし、子宮や卵巣の病気・生理痛や月経前症候群でも腰痛の症状が現れる場合があります。

腰痛の原因が分かっていないもの

腰痛は原因が分かっていないものが約85%あると言われ、レントゲンやMRIでも特に異常が見つからないことが多いです。しかし、腰痛を引き起こすきっかけになる要因は数多くあり、日常生活の中で気を付ける事が大切です。

悪い姿勢

姿勢が悪いと腰に負担をかけてしまいやすく腰痛の原因となってしまいます。また長時間のデスクワークや立ち仕事で同じ姿勢が続くことも腰痛を引き起こすきっかけになります。

疲労の蓄積

重たい荷物を運ぶ機会が多く、悪い姿勢を続けることで腰周辺の筋肉は疲労してしまい筋肉が硬直してしまいます。また毎日の積み重ねで重たい荷物を持ち十分にケアできていないと筋肉の疲労が溜まっていき腰痛を起こす場合があります。

スポーツによる疲労

スポーツで踏ん張る・腰をひねる・ジャンプするなど同じ動作を繰り返した後にケアを行っていないと筋肉は疲れやすくなり炎症やケガの原因となってしまいます。また悪化することでスポーツ障害を引き起こすこともありますのでしっかりとしたケアが大切です。

ストレス

近年、腰痛とストレスの関係について多く研究されており、ストレスが溜まることで自律神経のバランスが乱れ筋肉が緊張した状態が続くことで、筋肉が硬直し血流が悪くなり血流が悪くなります。

肥満

体重が増加すると上半身の体重を支える腰椎に負担がかかりやすくなってしまいます。また、お腹周りに脂肪がつくと体のバランスは崩れ背骨は歪んでしまい腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の原因になってしまいます。


腰痛は普段の生活や運動後のケアをすることで防ぐことができますが、ストレスや疲労の蓄積などで気づかないうちに誰でも発症するリスクがありますので定期的に体のケアをすることも大切です。

東大島駅 東砂ひかりクリニカル整体院でも整体・鍼灸で治療を行っておりますのでお気軽にご来院ください!


お気軽にご相談ください!
LINEからご予約できます!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒136-0074
東京都江東区東砂2-5-12

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております