- Blog記事一覧 -江東区東砂で美容鍼、頭皮マッサージならここ

江東区東砂で美容鍼、頭皮マッサージならここ

2019.03.13 | Category: 未分類

江東区東砂で美容鍼、頭皮マッサージならここ!!こんにちは!根本改善!東砂ひかりクリニカル鍼灸整体院です!今日も健康ニュースレターおくります!!

大島駅、東大島駅、北砂、東砂でおなやみのあなたへ!!まずは血流の仕組みについてです!動脈と静脈、血液の異なる役割と流れ方についてお話ししていきます!!

血液の流れを円滑に保つことは健康の秘訣です。血液は全身の細胞に酸素や栄養、免疫細胞を運び、二酸化炭素や老廃物を回収する役目を果たしています。もし低体温によって血流が滞れば、運ばれるべきものも滞るので、全身の組織は活力がなくなり、老廃物が滞り免疫力が低下し、あらゆる病気の発症につながります。血管の長さは総延長9万㍍、ざっと地球2周分もの血管内を血液は循環しています。循環経路は体循環と肺循環の2つのルートに大きく分かれています。体循環は心臓から送り出された血液が体全体を1周し、心臓へと戻る行きのルートです。心臓のポンプ作用で酸素と栄養素を含んだ血液が動脈へと押し出され、毛細血管に回り、60兆の細胞に供給されていきます。その一方で、細胞から二酸化炭素と老廃物を回収した血液は静脈を通り、心臓に戻っていきます。行きの血管は動脈で体の中の深い所を通っているので、外から見ることはできません。帰りの血管は静脈で皮膚から青く見えているお馴染みのものです。肺循環は心臓と肺を結ぶ短いルートで、肺動脈を通って心臓に戻った静脈血に酸素を供給し、新鮮な動脈血に交換し、肺静脈を通り心臓に戻ります。血液が体の中を1周する時間は2つの循環あわせて50秒ほどですから、お風呂につかる時間が長いほど全身に温かい血液が流れることになるのです。心臓は収縮、弛緩を繰り返して、血液を体の隅々にまで押し出すポンプの役目を果たしています。血液を押し出し、収縮するときに血管にかかる圧力が最高圧力(収縮期血圧)です。拡張して血液が吸い込まれるように、入り込むときの下がる圧力が最低血圧(拡張期血圧)です。たとえば収縮期血圧が150mmHgだとすると水銀を15㌢㍍押し上げる力のことで、水では2㍍近く水を押し上げられる力があることを意味しています。心臓から動脈内に勢いよく押し出された血液は、弾力性があり収縮、弛緩する大動脈の厚みのある血管壁に助けられて、勢いよく毛細血管を通り隅々の細胞にまで送られていきます。太さ0.01㍉㍍以下のとても薄い毛細血管の壁から、ひとつひとつの細胞へ酸素と二酸化炭素、栄養素と老廃物をにじみ出すように交換をします。細胞はアンジオジェンニンという物質を出して、酸素や栄養素をもらうために毛細血管を引き寄せ、新しく血管をつくっていきます。筋肉ができれば新しく血管が伸ばされ、血管の一部が詰まるとバイパスがつくられ、細胞とつながっていきます。静脈の血管は血液をスムーズに心臓に戻せるように薄くのびやすくできています。所々に弁があり血管の収縮、弛緩に応じて開閉しながら血液量を調節し、逆流を防いでいます。心臓は静脈内の血液を戻す、吸い上げる力をもってはいません。体の上半身に回った血液は、重力の助けで比較的楽に心臓まで戻るのですが、心臓より下半身に下りた血液は重力に逆らって上り、心臓にたどり着かなければなりません。静脈は筋肉の中を走っているので、周辺の筋肉の助けを借りています。終焉の筋肉が収縮、弛緩を繰り返し静脈に圧力を加えてポンプの役割を果たすため、重力に逆らい心臓まで戻って来られるのです。筋肉が静脈をしぼりながら血液を押し進めていく働きは、まるで乳しぼりのようなのでミルキングアクションと呼ばれています。下半身の筋肉が衰えてしまうと、うっ血となり心臓に戻る血液量が減少します。そうなると少ない血液量を全身に送るため、心筋が強く収縮して血管の圧力を高めるしかありません。ですから、お年寄りの血圧が年齢とともに上昇するのは、筋肉が衰退して血圧を上げないと血液が全身に行き渡らないからです。血管も硬くなり、末梢にまで血液を送り出すには少し高めの血圧が必要です。老廃物の酸化物質が蓄積して顆粒球が多くなり、交感神経緊張状態となって血管が収縮していることも原因です。お年寄りの血圧が高くなるのは自然の現象ですから、血圧降下剤を飲むと余計に血管を収縮させ、より交感神経緊張状態をつくっていきます。体は何とか血圧を高めて、末梢にまで血液を送ろうと余計に頑張ってしまいます。とくに降圧利尿剤は体から水分をしぼり取る薬のため、一旦血圧が下がっても体は脱水症状を起こし血液の粘性が高まり、ドロドロの血液になるわけです。そうなると体は、ドロドロの血液を何とか流そうといっそう交感神経を緊張させます。交感神経が緊張すると血管も緊張し血流が悪くなり、血管が細くなって脳血栓や心筋梗塞を起こしやすくなります。血流不足に敏感な臓器の目や脳、腎臓は大きなダメージを受けかねません。水分不足によって循環障害が起こり、血圧が上昇して緑内障や白内障になったり、血液の濾過や尿の産生ができなくなり腎不全になることもあります。降圧治療が原因で、人工透析や目の病気になっている人も少なくありません。脳に血液が十分回らなくなり、早く認知症の症状が出てしまうこともあります。低体温に気をつけて、下半身の筋肉をつけて血行を良くすることが大事です。

 

いかがでしたか?当院では自律神経の調節、温熱療法を推奨しております。整体、ストレッチ、高周波鍼灸を施します。美腸整体で整えたいあなたへ!痩せながら治すをコンセプトに日々精進します!初回お試し価格3980円です!ぜひ一度ご相談電話予約☎おねがいします!!

江東区東砂2-5-12

03-3648-5069

東砂ひかりクリニカル鍼灸整体院

hikari-kotubanseitai.com


お気軽にご相談ください!
LINEからご予約できます!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒136-0074
東京都江東区東砂2-5-12

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております