- Blog記事一覧 -江東区大島駅で産後骨盤矯正、美容鍼をお探しにあなたへ

江東区大島駅で産後骨盤矯正、美容鍼をお探しにあなたへ

2019.02.09 | Category: 未分類

こんにちは!根本改善!美容鍼!産後骨盤矯正の東砂ひかりクリニカル鍼灸整体院です!今日も健康ニュースレターおくります!!

美容鍼で皮膚のケア!フェイシャルエステでご褒美は、いかがですか?

大阪なおみさん1位維持おめでとうございます!当院では、テニスのケガもお任せください!テニス肘、肉離れなどなど

昨日は、錦糸町でマスカレードホテル見てきました!!おすすめです!!

話は変わりますが青汁飲んでますか?僕は、青汁フルーツが大好きです。

 

メリハリが大切ですよ!!生き方の変える必要のある子供たちについてです!ステロイドを使わずに、生活環境を変えましょう!!

 

ここ15年で爆発的に増えているアトピー性皮膚炎は、子供たちの生き方に原因があります。今はどの家庭も非常に少子化となり、兄弟姉妹が少ないため子供たちは過保護にされています。赤ちゃんにとっては泣くことが仕事なのですが、親は泣くとすぐに抱きかかえ泣かせることをしません。猫の糞やばい菌を嫌って公園で水や泥にまみれて遊ぶ子供は、なかなか見ることができなくなりました。与えられるおもちゃはテレビゲームや漫画、アニメ、室内で遊ぶ物ばかり、いつでも自由に食べられる甘いおやつ、夜更かしして遅く起きる勝手気ままな生活は、ある意味では本当に恵まれています。これでは交感神経の緊張する暇はありません。昔の子供は、早寝早起き、家の手伝いは当たり前、おやつは決まった時間だけでした。塾通いも今ほどなく、遊ぶ時間はたっぷりあったのです。家もすき間風が吹き気密性が低く、免疫を鍛えるには最高の環境でした。子供はもともと大人よりもリンパ球が多いので、過保護に育てられた子供がダニやほこりが飛び交う、密閉された家に住んで外では排ガスだらけの中を歩く、アレルゲン真っただ中の環境で、過剰に増えたリンパ球が反応するのは当たり前です。副交感神経優位の状態では、代謝が抑制されて低体温になってしまうので活力を失ってしまいます。だからストレスにも弱く、ちょっとしたことで心まで耐えられなくなります。ゆっくり夏休みを過ごしたあとには不登校になったり、いじめに負けたり、人間関係で引きこもったりすることも起きてきます。最近注意欠陥・多動性障害のような落ち着きのない子供たちが問題になっていますが、これは体を動かして体温を上昇させようと身を守っている動きだと考えられます。アトピー性皮膚炎の原因は副交感神経優位にあるのですから、ステロイド剤を使う必要はありません。ステロイド剤を長期にわたり塗り続けると、皮膚組織に酸化変性したコレステロールが蓄積されます。これが刺激となり交感神経が緊張、顆粒球が増え、皮膚に炎症が起こります。さらに抑えるために、より強力なステロイド剤を使うため悪循環は終わることはありません。ステロイド剤の長期使用の危険性に気づいて止める人も増えてきましたが、リバウンドに悩む人も多いのです。皮膚が赤く腫れ、黄色い膿がジュクジュク出て、再発と間違う人が多いのですが、これは沈着した酸化変性コレステロールを体外に排出しようとする反応です。周囲の人は、毒素を体から排泄している反応と温かく見守ることが大事です。まずは部屋の掃除をこまめにする、冷たい食べ物や飲み物を避ける、カルキ抜きの水でお風呂を沸かすなど、環境を変えてみましょう。

 

皮膚から排出される老廃物や余分な水分などは、不必要なものを排出する生理現象です!

西洋医学では何千、何万もの病気があり、原因がわからないときは病名に本熊性や特発性という言葉をよく使います。東洋医学では原因がわからなくても、すべての病気が血の汚れによるとします。ですから、アトピー性皮膚炎も血の汚れから起こる病気です。肉や乳製品など高脂肪食品の食べ過ぎ、運動不足、ストレスによって引き起こされた体の冷えです。湿疹も蕁麻疹もアトピー性皮膚炎もすべて同じで、体内の余分な水分や血液の汚れを皮膚から排出しようという生理現象です。それにも関わらず、薬で皮膚からの発疹を止めるということは、外へ出そうとする老廃物を体内に閉じ込めるようなもの、まるでおしっこやうんちを止めるようなものです。排泄を抑えるのは体にとっていいことはありません。皮膚は立派な排泄器官の一つです。湿疹や蕁麻疹、アトピー性皮膚炎の症状は、肝臓や腎臓などでの解毒、白血球での貪食によって十分に老廃物・有毒物が解毒できないために、皮膚からそれらが排泄されている現象と考えられます。西洋医学では皮膚に出た症状を病気と捉えて、ステロイド剤やヒスタミン剤などが処方されています。しかし、治療の対象にするべきは皮膚ではなく体内の汚れです。対症療法で症状を抑えても、一時期よくなったように見えるだけで症状はぶり返すことが多いものです。皮膚の発赤やかゆみがどうしてもひどくなったときや、仕事や勉強の集中力が必要なときなどに、もうどうすることもできなくなったときにステロイド剤を使って一時的に体力の回復をはかろうとするならばわかりますが、長期間使うのには疑問の声があるそうです。根本的改善はよく噛んで少食にし、運動や入浴などで体を温め汗を流し、体内の水と老廃物を排出すればいいのです。アトピー性皮膚炎は太陽に当たらないほうがいいと言われますが、太陽に当たると皮膚が熱せられ、一気に水と老廃物が出てきて症状が悪化したように見えるためです。ほとんどのケースでは一定期間過ぎればよくなります。海水浴をすると最初の2、3日は海水が水にしみ皮膚がただれるような感じがしても、その後急速に症状が改善していくことが少なくありません。アトピー性皮膚炎は水毒、陰性の病気です。太陽の光は陽、海水の塩も陽なので、夏の海水浴がとても効果的であることが多いものです。どんどん運動して体を温め、血液中の老廃物を燃やして血液をクリーニングすればいいのです。クリーニング中は排泄を促進するために余分な物を食べないようにし、免疫を増強させるニンジン・リンゴジュースを飲むのがいいでしょう。呼吸は排泄をするのが法則通り、食べないほうが排泄が促進されるのです。朝だけ断食、運動や入浴の活用、胃腸を休ませて排泄器官を活発にしましょう。慣れてきたら半日断食や本格的な断食で、体質改善に取り組むのがよいと思われます。

 

いかがですか?当院では、自律神経の調節、温熱療法を推奨しております。整体、ストレッチ、高周波鍼灸を施します。美腸整体で整えたいあなたへ!痩せながら治すをコンセプトに日々精進します!初回お試し価格3980円です!ぜひ一度ご相談電話予約☎おねがいします!!

江東区東砂2-5-12

03-3648-5069

東砂ひかりクリニカル鍼灸整体院

hikari-kotubanseitai.com


お気軽にご相談ください!
LINEからご予約できます!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒136-0074
東京都江東区東砂2-5-12

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております