- 腰椎・椎間板ヘルニアの原因とは?

腰椎・椎間板ヘルニアの原因とは?

腰椎・椎間板ヘルニアは中高年だけでなく若い方でもスポーツや姿勢・ケガなどさまざまな原因で発症する疾患です。

ヘルニアによる腰痛や下半身のしびれや痛みの症状は、「東砂ひかりクリニカル整体院」でも治療の対象です!原因を詳しく見ていきましょう!

腰椎・椎間板ヘルニアのおさらい

私たちの体を支える働きや神経を通し体の感覚や動作のためになくてはならない背骨は、頚椎・胸椎・腰椎などの24個の脊椎と呼ばれる骨で構成されています。

脊椎と脊椎の間には椎間板と呼ばれるクッションの代わりをする軟骨組織があり、この椎間板が変性し組織の一部が飛び出すことを「椎間板ヘルニア」と呼んでいます。腰椎ヘルニアは腰椎部分の椎間板が変性したことで起こるヘルニアです。

加齢による骨の変性と椎間板の老化

背骨の椎体と椎体の間でクッションの役割をする椎間板は20歳を過ぎたころから徐々に弾性を失っていき、中高年になると軟骨である椎間板が減っていきます。

また加齢によって骨が変形したりもろくなってしまうと、腰に衝撃が加わることで骨がかけたり椎間板を圧迫してしまうようになることでヘルニアを起こしやすくなってしまいます。

姿勢の悪さや重たい物を持ち腰に負担をかけている

普段の姿勢が猫背になっていて姿勢が悪いと背骨に歪みが生じてしまいます。背骨の歪みはヘルニアになりやすいと言われています。

また、デスクワークで長時間同じ姿勢や重たい物を持つ機会が多い、腰をひねる動作が多いことで腰に負担がかかり繰り返すことでヘルニア発症の原因になってしまう場合があります。

スポーツによる過度な負担

スポーツをするとき、体は激しく動き同じ動きを何度も繰り返しています。腰も同様に飛ぶ・ひねる・踏ん張る・反るなどの動作を繰り返し行うことで、腰に負担がかかってしまいます。
スポーツをした後に毎回ケアを行っていれば良いのですが毎回同じ動作を繰り返すことで椎間板に負担がかかり腰椎・椎間板ヘルニアを起こしてしまいます。

交通事故や転倒事故

交通事故で腰に強い衝撃が加わると、椎間板が変形して痛みだけでなく神経圧迫によるしびれを起こしてしまう腰椎ヘルニアを起こす場合があります。また衝撃で腰の強打だけでなくひねる動作でも腰椎ヘルニアを発症する可能性があります。

高齢者の転倒事故も同様に手で支えることなく腰を強打した場合には同じく腰椎・椎間板ヘルニアを起こす原因になります。


腰椎・椎間板ヘルニアの症状は整骨院や鍼灸院での治療が可能です。

東砂ひかりクリニカル整体院は江東区東砂、大島駅・東大島駅近くにございます!当院でも腰椎・椎間板ヘルニアの治療を行っておりますので、症状にお困りの方は是非一度お問い合わせください!


お気軽にご相談ください!
LINEからご予約できます!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒136-0074
東京都江東区東砂2-5-12

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております