- 椎間板ヘルニアと腰椎ヘルニア

椎間板ヘルニアと腰椎ヘルニア

椎間板ヘルニアや腰椎ヘルニアは腰に起こる疾患として有名で皆さん一度は病名を聞いたことがあるのではないでしょうか?

痛みだけではなくしびれの症状も特徴ですが椎間板ヘルニアと腰椎ヘルニアの違いをご存知ですか?

ヘルニアについて詳しく解説します!

背骨(脊椎)の仕組み

私たちの体を支える背骨は「脊椎」と呼ばれ、椎骨と呼ばれる骨がいくつも連結して構成されています。

脊椎は部位によって頚椎・胸椎・腰椎・仙椎・尾骨と呼ばれ、これらが連結され横から見るとまっすぐではなくカーブして体を支えているのです。椎骨と椎骨の間には「椎間板」と呼ばれる軟骨組織で椎骨が受けた衝撃や負担を和らげる働きをしています。

また、靭帯が椎骨同士をつなぐ役割をしており、椎間板が脊髄を圧迫しないように支える働きなどをしています。

椎間板ヘルニアと腰椎へルニアは何が違うの?

椎間板ヘルニアは椎骨と椎骨の間でクッションの役割をしている椎間板が加齢やスポーツで腰を使いすぎている、姿勢の悪さ、交通事故などの強い衝撃で椎間板の一部が変性して組織の一部が飛び出すことを「椎間板ヘルニア」といいます。

脊椎は頚椎・胸椎・腰椎などで構成されますが、5つの椎骨で構成される腰椎の間の椎間板が変性して骨が飛び出すことを「腰椎ヘルニア」と言います。では、腰椎・椎間板ヘルニアでどのような症状が現れるのでしょうか?

腰痛

腰椎ヘルニアで腰椎の椎間板が変性すると一部が飛び出して神経が圧迫を圧迫してしまいます。
すると、腰や下肢に痛みが現れ力を入れたり重たい物を持ったり踏ん張ろうとすると痛みを感じるようになります。

痛みやしびれ

脊椎のどの部分の椎間板に変性が起こるかによって痛みやしびれが出る部位が変わってきます。
頚椎にヘルニアができる場合は首や肩に痛みや腕のしびれなどが現れ、腰椎にヘルニアができる場合には腰痛だけでなくお尻や太ももの痛みやしびれ、足先の感覚麻痺などの症状が現れます。

筋力の低下

筋力が低下すると脊椎の椎骨と椎骨をつなぐ働きをする靭帯が支えきれなくなってしまうことや、腰周辺の筋力が落ちることで腰椎ヘルニアを起こす原因になってしまいます。

筋力が落ちることは足腰が弱まり転倒事故によるヘルニアを起こす場合もありますので筋力が落ちたと感じたら要注意です!

排尿障害・排便障害

脊椎は脊柱管と呼ばれる脊髄や神経を通す管が通っています。
腰椎ヘルニアが悪化すると膀胱や大腸の神経を圧迫することがありこれによって便秘や尿が出にくい・尿漏れ・頻尿などの症状が現れることがあります。


椎間板ヘルニアや腰椎ヘルニアで腰痛や体のしびれ・痛みが長く続く場合は整体や鍼灸治療で症状が改善する場合があります。

当整体院でも治療を行っておりますので東砂に大島駅・東大島駅近くの東砂ひかりクリニカル整体院にお気軽にご来院ください!


お気軽にご相談ください!
LINEからご予約できます!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒136-0074
東京都江東区東砂2-5-12

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております