- ぎっくり腰の解消法

ぎっくり腰の解消法

重たい物を持った時や前傾姿勢を取った時に、急に腰に強い痛みが起こる“ぎっくり腰”は痛みが数日続き寝込んでしまうこともあります。

痛みがひどく病院や整骨院に行くことができない場合などでも自宅で出来るぎっくり腰の痛みを解消する方法があるのをご存知ですか?

ぎっくり腰のおさらい

ぎっくり腰は「急性腰痛症」の通称で、腰に過度な負担がかかったり、腰椎の椎間板や椎体が加齢とともに減少したりもろくなっていること、日頃の腰の筋肉を使い過ぎて筋肉疲労を起こしている場合や生活習慣の乱れが原因で肥満やストレス、血行不良などが原因となって起こります。

ぎっくり腰は2日~1週間程度で痛みが治まりますが、再発防止のためケアをしっかりと行うことが大切です。

ぎっくり腰の解消法

ぎっくり腰は、2日~3日で痛みが徐々に治まることが多いですが、ぎっくり腰の症状は「電気が走ったかと思った」「強い衝撃を受けたかと思った」など、動くのも病院に行くのも容易ではありません。

そんな時は無理に動こうとせず、自宅で安静にして症状が悪化しないようにすることが大切です。

まずは2~3日は安静に過ごす

ぎっくり腰を早く治すには安静が第一です。仕事や家事はなるべく控え、横になって安静にして過ごしましょう。横向きになる時は痛みが特に強い方を体の下に向けて、仰向けになる場合は膝を立てて腰にクッションなどを挟み、楽な体勢を探しましょう。

起き上がる際は誰かの手を借り、急に起き上がったり無理な体勢になったりしないように注意することが大切です。

症状が軽くなったらストレッチをする

痛みのピークは3日程度で徐々に治まっていきます。痛みが軽くなったと感じたら、足首、膝をゆっくりと動かし徐々に腰や背中の筋肉を動かすストレッチをしましょう。

また、痛みが軽減されて来たらお風呂で体や腰周辺を温め筋肉をほぐし、血流を良くしましょう。ただし痛みがひどくなる場合にはすぐに中止し、安静を続けましょう。

こんな時には病院を受診しよう!

ぎっくり腰になった後に下半身や足がしびれる、感覚がないように感じる場合は腰椎に通っている神経に何らかの負担や炎症が起こっている場合が考えられます。また炎症が原因で発熱がある場合にも我慢せず病院を受診しましょう。


自宅で安静に過ごして普段通りに生活できるようになったら、整体院で整体や鍼灸治療を受けることでぎっくり腰の再発防止や症状を緩和することができます。

東京都江東区東砂にある当整体院「東砂ひかりクリニカル整体院」でもぎっくり腰は治療の対象です。
ぜひお気軽にお問合せ・ご来院ください!


お気軽にご相談ください!
LINEからご予約できます!
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

当院のスケジュール

アクセス情報

所在地

〒136-0074
東京都江東区東砂2-5-12

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

不定休

ご予約について

当院は予約優先制となっております